商品検索

starfuckers steel eraオーダー開始


ホール数

ホール数とはスポークを通す穴の数を表し、「〇〇H」と表記されます。
スポーツバイクで一般的なものは20H、24H、28H、32H、36Hです。 ハブを選ぶ上で、使用するリムのホール数と同じホール数のものを選ばなくてはなりません。




コグとロックリングの締め付け

固定ギアの自転車ではコグとロックリングの締め付けが非常に重要になります。
この部分の締め付けは命に関わる問題となりかねないので注意が必要です。
特にスキッドは想像以上の力が車体の各部にかかっており、きちんとした組み付けをしていないと予想外の事故を招きます。
また、精度の高いコグとロックリングを使わないと、しっかり締めても緩んでしまったり、締め込む過程で割れてしまいます。
最悪の場合、コグとロックリングだけでなくハブ自体を壊してしまう原因にもなります。


コグは正ネジ、ロックリングは逆ネジになっています。
締める方向は右の図を参考にしてください。

コグとロックリングは専用工具を使い、体重をかけて締め込みます。
しっかりとコグとロックリングを締めておかないと、走行中の振動や、街乗りで繰り返される
ストップ&ゴーで、ロックリングが緩む事があるので大変危険です。
ロックリングが緩むとコグも緩みやすくハブのネジ山が崩れ、
ハブ自体を壊してしまう原因となります。

コグとロックリングの売り場はこちらです



このページのトップに戻る



ベアリングの種類

ハブに内蔵されているベアリングにも種類が分かれており、そのベアリングごとに利点も違います。
以下に主な特徴をまとめてみました。



・シールドベアリング

メンテナンス性に優れ、スムーズな回転を得ることができるベアリングです。
耐久性も高く少ないメンテナンスで長く使えます。
また、雨がベアリング内に入りにくく、ホコリにも強いので日常的に乗る方におすすめします。


・カップ&コーン

ベアリングボールを直接HUB SHELLに入れ込むタイプのベアリングでシールドベアリングに比べてベアリングボールガイドが無い分、大きなベアリングボールを使える特性があります。
構造が簡単ですが、玉当たりの調整をきちんと行わなくてはなりません。
ベアリングシェル内部のベアリンググリースが空気に触れる面が多くなる為、シールドベアリングに比べて頻繁なグリース交換や注入が必要になります。
カップ&コーンタイプはハブのシェルを含め、各パーツの精度が非常に重要になってきます。


このページのトップに戻る


エンド幅

エンド幅はフロントとリアで異なり、スポーツバイクで一般的なのはフロント100mm110mm135mm、リア120mm130mm135mm142mm150mm170mm177mm190mm197mmなどです。
古い競輪フレームなどにはリアエンド幅110mmのものもあります。
近年、エンド幅110mmのハブは少なくなってきていますが、120mm幅のハブでも110mm用のシャフトに交換すれば使うことができます。
大きな力の加わる部分ですので、フレームとハブのエンド幅の規格を合わせることが重要です。


このページのトップに戻る

information

Above Bike Store バイクギャラリー カスタムホイール組み

お好きなリムやハブの組み合わせで
オリジナルのホイールが組めます。
詳しくはこちらをご覧ください

pick up product

精度と強度を確保した確かなスペックはトリックライダーのスタンダード 
群を抜いた

TODESTRIEBのページを見る »

快適性と軽量性を求め進化したCHIMERA CONCEPT。
STARFUCKERS BIKE渾身の力作 !!

STEEL ERAのページを見る »

創業140年を迎える、イギリスの自転車プロダクトメーカー「ブルックス」。
使い込む程に味わい深くなじむ名品。

BROOKSのページを見る »

荒路でも舗装路でもトラクションコントロールがしやすく、自転車が生まれ変わる基幹パーツ。
ワンランク上の走りを目指す方に。

CARBON FRONT FORKのページを見る »

SURLY

独特の世界観とアイディア満載の
プロダクトをアメリカの
ミネアポリスから発信!

SURLYの売場へ »

burro bag

FLORIDA JACKSONVILLEで
一つ一つ手作りされている
メッセンジャーバッグ。
タフなミルスペックのコーデュラ
ナイロンを使用。

BURROの売場へ »

durcus one

リアルライダー発。
W-BASEが日本人の為に作り上げた
街乗り自転車。
目的に合わせた幅広いバイク選びが
できます。

Durcus Oneの売場へ »